グアム、北のミサイルに備えガイドライン発表―香港メディア



2017年8月12日、香港の東網によると、北朝鮮が米国のグアム島周辺に向けた弾道ミサイルの発射計画を発表したことを受け、グアム当局は11日、住民向けに緊急ガイドラインを発表した。環球網が伝えた。【その他の写真】

ガイドラインでは、弾道ミサイルで攻撃された場合、即座に地下などへ避難すること、屋外にいた際には、失明の恐れがあるため爆発の閃光や火の玉を直視しないようにすることなどが記載されている。

また、放射性物質による汚染を防ぐため、避難後は衣類を替えシャワーを浴びるなどの攻撃後の対応や、あらかじめ用意しておくべき物のリストなども記されている。

グアム国土安全保障・市民防衛室は、住民に向けて、ミサイルで攻撃された場合には政府の発表に注意するように強く呼びかけている。(翻訳・編集/岡田)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す