売春騒動から復帰を目指す韓国女性歌手に、ネットから「日本に行けば?」の大合唱



2017年9月14日、売春騒動から芸能界復帰を目指す韓国の女性歌手G.NA(ジナ)が、事件から約1年を経て自身の心境をSNSで吐露、韓国のネットユーザーから反感を買っている。韓国経済テレビなどが伝えた。G.NAは昨年、米ロサンゼルスの実業家らと3回にわたって性的関係を持ち1回当たり1500万ウォン(約150万円)受け取っていたとして、売春あっせん等に関する法律違反の罪で200万ウォン(約20万円)の罰金刑を受けていた。起訴当時G.NAは「好意を抱いていた相手だった」と主張していたが、裁判所はこれを認めなかった。

現在G.NAは米国で歌手活動再開に向けて準備をしているが、今月13日に自身のインスタグラムを通じて事件後初めて心境を明らかにした。英文でつづられたメッセージには「もう1年がたった。今まで待ってくれたすべての方々に感謝する。たくさんの障害物や心的苦痛、デマが後を絶たなかったけれど、信じてくれるファンたちのおかげで諦めなかった」とあり、一連の出来事を「デマ」と一蹴し悔しさをにじませた。さらに、「ファンは私にとって広い世界。毎日ファンのことを思っていた。私たちの旅は終わらない。もう一度再会して新たにスタートしていこう」と活動復帰を暗示した。

しかし「自分の売春は『ロマンス』で、他人がやれば『犯罪』?」「好感を抱いていたのなら、なんでお金をもらったの?」といった声が上がるなど、この投稿はむしろネットユーザーの怒りを買ってしまっている。他にも「信じてくれるファンがどこにいるって?」「悔しかったら法廷で訴えるべき。ファンにどうやって判断しろと?」など非難の声は後を絶たず、中には彼女のヒット曲「消えてあげるわ、元気でね」から取り「米国でお元気で」と皮肉を寄せるユーザーも。

またこうした中で多く上がっているのが「日本に行けば?」という声。「日本に行ったらいい仕事があるかも」「お金が要るなら日本でAVでも撮ったら?」「日本に行ってAV女優をやれば、韓国で歌手になるよりもうかるってさ」といった指摘だ。インターネットの掲示板では「G.NAが日本のAVでデビューしたらトップ5女優に入れるかな?」とのスレッドが立ち、論争を呼ぶほどになっている。(翻訳・編集/松村)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です