「中国文化は日本文化の起源」=横浜で日中国交正常化45周年記念の漢詩朗詠会―中国メディア



2017年9月16日、中国メディアの新華社が、日中国交正常化45周年記念の漢詩朗詠会が横浜で行われたと伝えた。この朗詠会は、神奈川県日中友好協会による主催で9月15日に横浜市内で行われ、多くの日本の漢詩愛好家が参加した。桜美林大学の植田渥雄名誉教授などの学者が中国語で日中両国の長きにわたる交流の歴史に関係した漢詩を朗詠したという。

植田渥雄名誉教授は、「中国文化が日本文化に与えた影響は非常に大きく、日本文化の起源である」と指摘。日中両国の文化交流は非常に重要で、この活動は両国の民間交流をより促進するのに必要な基礎を据えるものとなると語った。

神奈川県日中友好協会の上島保則副会長は、「今年は日中国交正常化45周年であり、私たちと神奈川県内の有志の努力によって引き続き同様のイベントを行い、この1年でさらに両国間の友好関係を深めていきたい」と述べている。

横浜では、漢詩朗詠会のほか、15日から日中国交正常化45周年記念写真展も行われている。(翻訳・編集/山中)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す