THAAD対立5カ月、中国人客減で韓国観光産業の損失7200億円―露メディア



2017年9月16日、露通信社スプートニクによると、高高度防衛ミサイル(THAAD)の在韓米軍配備をめぐる対立で韓国を訪れる中国人観光客が大幅に減り、3~7月に韓国観光産業が受けた損失額は65億1000万ドル(約7216億円)に上ると推計されている。韓国・聯合ニュースが伝えたもので、韓国の民間シンクタンク、現代経済研究院がこのほど発表した報告書によると、THAAD対立が本格化した3月以降7月までに韓国を訪れた中国人観光客の数は前年同期に比べて40%減少した。

同期間に韓国旅行を中止した中国人は約333万人と推計され、中国人1人当たり韓国観光の平均支出額が約1900ドル(約21万円)であることを考慮すると、この5カ月間の損失額は65億1000万ドルに上ることになる。年間ベースで換算すると、中国人観光客の減少の規模は約799万人、損失額は156億2000万ドル(約1兆7315億円)に達する。(翻訳・編集/柳川)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す