昭恵夫人がインスタに投稿した安倍首相の写真、「悪意があるのでは」と日本ネットで話題に=中国ネットからは意外にも好意的なコメント



2018年1月13日、中国メディアの人民日報が、安倍首相夫人の昭恵氏がインスタグラムに投稿した安倍首相の写真に悪意があるのではと日本ネットで話題になっていると伝えた。記事は、昨年末に安倍昭恵氏がインスタに半裸男性の写真を投稿して話題となったばかりだが、2018年最初の投稿となる1月3日の投稿には、「昼はカレーうどん」のキャプションとともに、雑煮らしきものに箸を伸ばす安倍首相の写真がアップされた。これを見ると、安倍首相の箸の持ち方が上下逆になっている。

さらに8日には、「車の中で新聞を読む」というキャプションの動画を投稿。記事は、安倍首相の表情はうつろで、非常に疲れているかのような印象だと紹介した。

記事は、この投稿に対する日本のネットユーザーのコメントも紹介。「目に力のない憔悴(しょうすい)した素顔の安倍首相を撮る昭恵夫人は暴君のようだ」「箸が逆さになっている」「昭恵夫人、自分の夫を憎まないでください」などの声が寄せられており、日本のネットユーザーは昭恵夫人が安倍首相のイメージアップに貢献しているようには思えないと考えているようだと伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「日本を強くするために心を砕いているのだろう」「全身全霊で日本のために働いているのだな」など、好意的なコメントが寄せられた。

また、「(昭恵夫人の)この勝手気ままな感じがとても好き」「これは安倍首相に対する何かのメッセージだと思う」というユーザーもいた。(翻訳・編集/山中)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す