2017年版フォーブス世界長者番付発表、マカオのカジノ企業オーナーも上位にランクイン(マカオ新聞)



 このほど、米国の経済誌「フォーブス」が2017年版の世界長者番付を発表。首位は4年連続でマイクロソフト創設者のビル・ゲイツ氏(60)だった。

 マカオのカジノ運営ライセンスを保有する6陣営のオーナーもランキングに掲載された。

 マカオ、そして世界のカジノオーナーで最上位となったのは、20位のラスベガスサンズグループのシェルドン・アデルソン会長。純資産は前年から18.2%増の304億米ドル(日本円換算:約3兆3853億円)で、前年から4ランクアップ。

 ラスベガスサンズグループはネバダ州ラスベガスに本拠地を置く国際カジノ運営企業。マカオ子会社のサンズチャイナがサンズマカオ、ヴェネチアンマカオ、ザ・プラザ・マカオ、サンズコタイセントラル、パリジャンマカオの各大型IR(統合型リゾート)を運営しており、トップシェアを誇る。

 以下、ギャラクシーエンターテイメントの呂志和会長が121億米ドル(約1兆3474億円)で109位、MGMチャイナのパンジー・ホー会長が42億米ドル(約4677億円)で414位、SJMホールディングスのアンジェラ・リョン業務執行取締役が41億米ドル(約4566億円)で427位、ウィンリゾーツのスティーブ・ウィン会長が25億米ドル(約2784億円)で814位、メルコ・クラウン・エンターテインメントのローレンス・ホーCEOが16億米ドル(約1782億円)で1290位の順。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す