ホテルオークラマカオで京都フードフェア開催(マカオ新聞)



 マカオ・コタイ地区の大型カジノIR(統合型リゾート)ギャラクシーマカオ内、ホテルオークラマカオ28階にある日本料理レストラン「山里」で9月15日から「京都フードフェア(京都美食節)」がスタートした。開催期間は10月22日まで。

 京都フェアの開催にあたって、京都ホテルオークラ及び粟田山荘で総料理長を務める臼井大輔氏をゲストシェフとして招聘。粟田山荘は臼井氏の監修の下、8年連続でミシュランガイドで星を獲得している。

 今回、日本から旬の食材をマカオに持ち込み、鱧(はも)の土瓶蒸しや子持ち鮎の煮浸しといった秋の季節感あふれるメニューを揃えた八寸などで構成されるセットメニューを提供。日本酒のペアリングも用意している。

 なお、臼井氏のマカオ滞在期間は9月17日までで、その後はホテルオークラマカオ総料理長で、京都出身の林彰氏率いるチームが引き継ぐ。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す