台湾の文化財修復に貢献 日本人教授が「国家文化資産保存奨」受賞(中央社フォーカス台湾)



(台中 16日 中央社)文化部(文化省)は16日、中部・台中市の台中文化創意産業パークで、「国家文化資産保存奨」の授賞式を行った。同賞は文化財の保存に貢献した個人や団体に贈られるもので、受賞者の一人は長岡造形大学(新潟県)の木村勉名誉教授。長年、日台の架け橋として文化財保存技術の交流深化に取り組んできた功績が評価された。

木村氏は台北市にある旧台湾総督府(現総統府)、旧台湾総督官邸(現台北賓館)、旧台湾総督府鉄道部庁舎、旧児玉総督・後藤民政長官記念館(現国立台湾博物館)などの修復に関わったほか、建築家や職人のスキルアップや学生の国際交流などにも協力した。

(カク雪卿/編集:塚越西穂)

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す