コラム:中国シャドーバンキング熱、「ゾンビ企業」の温床に – ロイター



Rachel Morarjee

中国の影の銀行(シャドーバンキング)セクターは、金融システムの中心にリスクを蓄積しつつ、市場から退出すべき「ゾンビ企業」を生き永らえさせている。

いわゆる「理財商品」への投資総額は昨年、57%増加して3兆6000億ドルにも達した。この伸びの大きさだけで十分心配に値するが、それだけでなく調達された資金の大半が、問題のある借り手を支えていることが最新のデータからうかがえる。

中国において理財商品は短期の投資先だ。通常は銀行を通じて販売され、現金のほかに国債や社債、デリバティブ(金融派生商品)が裏付け資産となる。銀行にお金を預けるよりも良いリターンが得られるとして、長らく個人投資家の間で人気になってきた。

中国政府証券預託信託清算会社が最近公表したリポートは、理財商品セクターがいかに巨大化したかを物語っている。このセクターの運用資産は過去2年で倍増し、中国の銀行預金量の約17%に達した。

こうした活況は幾つかのリスクをはらんでいる。最初の問題は、理財商品の償還期限が裏付け資産よりも短い傾向にあることだ。昨年の理財商品の平均償還期間は3カ月半で、投資総額のおよそ半分弱に相当する1兆5800億ドルが早々に期限を迎える可能性がある。

次に、多くの個人投資家は理財商品の販売元の銀行と契約する際に免責条項にサインさせられたとしても、銀行が元本を保証していると信じている点が挙げられる。実際これまでのところは、大半の投資は全額償還されており、こうした見方が正しいことが証明されている。

だからこそ、理財商品は信頼が突然失われる事態に対する脆弱性が非常に大きい。それが起きれば、最近の理財商品セクターを主に拡大させてきた中堅銀行の流動性がひっ迫する恐れがある。フィッチの試算では、中堅銀行が販売した理財商品の昨年の残高は預金量の40%を占めている。国有銀行はこの比率が15%だ。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です