訂正:中国「影の銀行」の与信、規制強化でも急増 – ロイター



[北京 1日 ロイター] – 中国では、上場銀行がいわゆる影の銀行(シャドーバンキング)と呼ばれる分野で上半期に与信額を急増させたことが分かった。金融安定の脅威になりかねないこうした種類の与信を抑えようとしている規制当局にとって、問題の難しさが浮き彫りになっている。

影の銀行を通じた運用は通常の融資よりもリターンが大きく、資本基準の縛りは弱い。半面、銀行のバランスシートの質について実態が見えにくくなり、当局はシステミックリスクや与信規模を把握しにくくなる。

ロイターが銀行の開示文書を分析したところでは、有力上場銀行の1つである上海浦東発展銀行(600000.SS)は上半期にいずれも影の銀行に属する信託商品や理財商品の保有を14%増やし、総額は1兆2700億元(1900億ドル)とこれらの商品の保有額としては中国で最大規模になった。

興業銀行の影の銀行分野の保有資産は4.4%増の1兆2300億元と、通常の融資残高の63%に達している。このほか民生銀行(1988.HK)と浙商銀行(2016.HK)は、保有額の伸びがともに86%と上場銀行で最も高かった。

ABバーンスタインの銀行アナリスト、ウェイ・ホウ氏は「一部の中小銀行がまだこれらの商品の保有を増やしていたとは少しばかり驚いた」と語り、規制当局による規制強化を考えれば本来なら減少の流れになっているはずだと付け加えた。

<締め付け>

中国銀行業監督管理委員会(銀監会)は、とりわけ中堅以下の銀行の影の銀行分野の与信が拡大するのを食い止めようと必死に動いている。今年4月の通達は、銀行が影の銀行の与信について通常の融資と同等の引当金を積むことを強制するもの、とほとんどの業界関係者が解釈した。

UBSの試算では、影の銀行分野の与信総額は昨年末時点で12兆6000億元と、中国の年間国内総生産(GDP)のおよそ5分の1(訂正)にまで膨らんでいる。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です