シャドーバンキング、金融危機後に深まるリスク – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版



 経済からリスク要因を閉め出す取り組みは、まるでモグラたたきのような作業だ。どこかでリスクが再び顔を出すことが多い。だから金融危機以降、金融システムをより安全なものにする努力が積み重ねられているのだ。

 金融監督当局は銀行に対し、資本のバッファーを膨らませ、危険な事業を見限るよう求め、悪しき行動に対しては1000億ドル以上の罰金を科すこととした。この結果、リスクの高い行動はシャドーバンキングの世界に移動している。そこでは、別の危険性が生じている可能性がある。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です