安倍晋三首相、「尖閣諸島に公務員常駐検討」の過去発言「現在はその … – 産経ニュース




 安倍晋三首相は27日の参院予算委員会で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)への公務員常駐を検討するとしていた自身の発言について「現在はその選択肢はとっていない。総合的に、戦略的に判断している」と述べた。「尖閣は断固として守り抜いていく。この意思を他の国々は見誤ってはならない」とも語った。

 首相は平成24年の自民党総裁選で公務員常駐の検討を訴え、自民党は同年の衆院選、25年の参院選の政策集に明記していた。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す