バックに米国がいる日本の尖閣諸島での優位性は揺るがない、日本メディア報道に中国ネット「バックに誰がいようと関係ない」 – Record China



2017年2月26日、中国メディアの環球網は、日本メディアが尖閣諸島における日本の優位性は今のところ揺るがないとする記事を掲載したと伝えた。
記事によれば、海上保安庁は現在、12隻の巡視船で構成する「尖閣専従部隊」が中国公船に対応している。一方の中国公船は4隻にすぎず、海保の優勢が覆ることはないという。

また記事は、日米両首脳が尖閣諸島は日米安全保障条約の適用範囲だと明言したことを紹介。これは、もしも中国が武力行使した場合、米国が兵を派遣することを意味していると説明した。

これに対し、中国のネットユーザーから「われわれのバックには強大な祖国がいる」「中国軍は、バックに人民がいるから中国軍の優位性は揺るがないと言っている」など、対抗するようなコメントが多く寄せられた。

また、「バックに誰がいようと関係ない。中国のものは中国のもの」「歴史的に見て米国は中国に戦争で勝てたことはあるのだろうか」など、強気な意見も少なくなかった。

他にも「人はいつか自立するものだ。お父さんは永遠には保護してくれないぞ」「米国だって万能薬ではないんだぞ。本当に戦争になったら二言ほど吠えて調停に回るのだろう」などのコメントもあった。(翻訳・編集/山中)


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です