【古森義久の緯度経度】尖閣諸島の防衛…公正な日米同盟へ「日本は改憲を」 – 産経ニュース




 「トランプ政権が日本の施政下にある尖閣諸島の防衛を約束したことには反対する」

 米国議会の2月28日の公聴会で民主党側の有力議員からこんな言葉が叫ばれたことに驚いた。トランプ政権では大統領はじめ国務、国防両長官までが尖閣諸島への日米安保条約の適用を明言し、尖閣が攻撃された場合の米軍の出動を約束したばかりの時点での激しい反対意見だったからだ。

 下院外交委員会のアジア太平洋小委員会が開いた「中国の海洋突出を抑える」と題する公聴会だった。南シナ海と東シナ海での中国の膨張を米国はどう抑えるべきか、が主題だった。日本などアジア関連の課題を審議するこの小委員会が今年1月からの新議会で初めて開いた公聴会でもあった。

 だからトランプ政権下の新議会が中国の尖閣侵攻をどうみるのかと期待して出かけていった。ところがほぼ冒頭から民主党の筆頭委員ブラッド・シャーマン議員が新政権の対日安保政策を正面から批判したのにびっくりしたわけである。

 「日本は憲法上の制約を口実に米国の安全保障のためにほとんどなにもしないのに、米国は日本側の無人島の防衛を膨大な費用と人命とをかけて引き受けるのは理屈に合わない。日本側はこの不均衡を自国の憲法のせいにするが、かといって、『では憲法を変えよう』とは誰もいわない」

続きを読む




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す