中国、尖閣強奪の危機 「森友学園国会」の空費、現実逃避策では許されない – 産経ニュース




 国会は「森友学園国会」と化して空費している。その間もわが国の「危機」は高まっている。(夕刊フジ・3月17日掲載)

 産経新聞は12日、「トランプ政権の(沖縄県)尖閣諸島防衛の公約にもかかわらず、中国は尖閣海域への侵入を増し、日本の施政権の侵食に成功している。このままだと中国は尖閣施政権の共有を宣言しかねず、日本にとっては危機が高まったといえる」とする、米国の防衛問題大手シンクタンク「戦略予算評価センター」の上級研究員、トシ・ヨシハラ氏の衝撃的な分析を紹介している(古森義久氏『あめりかノート』)。

 尖閣海域に入ってくる中国海警の警備艦隊は昨年中ごろまでは2隻編成だったが、4隻に増えている。個々の艦もより大型かつ新鋭となっている。それを排除しようとする日本の海上保安庁巡視船との持久戦では、中国が勝つことが確実となってきた。

続きを読む




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です