中国、南シナ海の平和と安定の維持望む=李克強首相 – Newsweekjapan



[北京 15日 ロイター] – 中国の李克強首相は15日、南シナ海の平和と安定の維持を望むと表明し、南シナ海の安定に向けた「行動規範」を巡る東南アジア諸国連合(ASEAN)との協議を進める考えを示した。

全国人民代表大会(全人代)閉幕時の記者会見で述べた。

李首相は行動規範について、「かなりの進展」を遂げたと評価した。

その上で、南シナ海の問題は「直接関与している国のみで決定・解決するべき」問題であるとの立場をあらためて表明。具体的な言及は避けつつ、「冷戦時代の思考でどちら側を支持するか選ぶ国が出ることは望まない」と述べた。

南シナ海を巡っては、米国が中国による人工島造成や軍事施設建設を批判し、航行の自由を脅かす恐れがあると懸念を表明している。

李首相は米中関係について、アジア太平洋地域で協力分野を拡大し、ASEAN諸国に機会を提供することが可能との認識を示した。

南シナ海を巡る米国の立場には直接言及しなかった。



ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す