EV大国めざす中国 「日本車外し」へ布石 編集委員 村山宏(写真=AP … – 日本経済新聞



 電気自動車(EV)の国際競争力調査で日本が1位から陥落し、中国がトップを奪った。ドイツのこんな調査結果が明らかになった。大気汚染に苦しむ中国はEVの普及を後押ししており、販売台数は実は世界で最も多い。早ければ2018年から新エネルギー車の販売を義務づける規制を導入する予定だが、日本勢が得意とするハイブリッド車はこの新エネ車には含まれない。中国はEV政策をテコに日本企業の自動車産業での優位性をくつ…


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です