中国のTHAAD報復長期化 韓国企業にダメージ – 日本経済新聞



 【ソウル=山田健一、大連=原島大介】在韓米軍の地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)配備を巡る韓国企業に対する中国の経済報復が長期化している。韓国現代自動車は26日、2017年4~6月の中国販売が前年同期比4割減ったと発表した。韓国大手のスーパーも中国で展開する店舗の8割が休業に追い込まれたままだ。THAAD配備による中韓関係のこじれが表面化して5カ月近くがたつが、両国間での解決の糸口は見…


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す