尖閣国有化5年、中国の挑発常態化 薄氷の警備 解決策見えず – 日本経済新聞



 日本政府が沖縄県の尖閣諸島を国有化し11日で5年を迎える。今年に入り中国公船の領海侵入は月ごと平均で昨年に比べ増加するなど挑発行動は常態化。周辺海域に常時いる公船は増え、大型・武装化も進む。日本政府は海上保安庁の警備体制強化を急ぎつつ、外交努力による解決を模索するが、糸口はつかめていない。

 「日本海上保安庁巡視船、こちらは中国海監編隊」。中国の海保にあたる海警局の巡視船の操縦室。男性船員が無線を…




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です