日本、米国に敗れる=中国が4大会ぶりV-WGCバレー – 時事通信



第1セット、スパイクを放つ内瀬戸(左)=9日、愛知・日本ガイシホール

 バレーボール女子のワールドグランドチャンピオンズカップ(WGC)第4日は9日、名古屋市の日本ガイシホールで行われ、世界ランキング6位の日本は2位の米国に2-3で敗れ、2敗目(2勝)を喫した。米国は3勝1敗。日本は10日の最終戦で中国と対戦する。
 日本は1-1の第3セット、ブロックが決まって28-26で接戦を制した。しかし第4セットを失い、最終セットはサーブレシーブのミスが響いて12-15で落とした。
 世界1位でリオデジャネイロ五輪金メダルの中国はロシアを3-0で退けて4戦全勝とし、1試合を残して4大会ぶりの優勝を決めた。ロシアは1勝3敗。ブラジルは韓国にストレート勝ちし2勝2敗、韓国は4連敗となった。 (2017/09/09-22:08) 関連ニュース

【スポーツ総合記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す