中国人民銀次期総裁、湖北省トップら候補に – 日本経済新聞



 【北京=原田逸策】中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁の後継レースが最終盤を迎えた。周氏はすでに在任14年を超え、来年3月までに退任するのが確実。後任には湖北省トップの蒋超良書記が急浮上。銀行監督当局トップの郭樹清氏、証券監督当局トップの劉士余氏らも取り沙汰される。10月の共産党大会で注目される、中央規律検査委員会トップの王岐山氏の去就とも絡む。

 「人民銀総裁は蒋超良」。中国のSNS(交流サイト…




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す