台風18号 中国地方で被害(午前0時) – NHK



広島県では、17日午後7時ごろ、府中市の市道で道路脇の木が倒れて走っていた軽乗用車に当たりました。

この事故で軽乗用車は、天井とフロントガラスが壊れ、警察によりますと運転していた30代の男性が腕などに軽いけがをしたということです。同乗者はいませんでした。

倒れた木は、長さが5メートルほどだということで、警察は台風による大雨で地盤が緩み倒れたのではないかとみて詳しい状況を調べています。

また、岡山県浅口市では17日午後8時ごろ、外の様子を見ようと家から出た82歳の女性が強風にあおられて転倒し、頭に軽いけがをしたということです。

岡山県内では、住宅などが水に浸かる被害も出ています。

NHKが県内の自治体に取材したところ、17日午後11時現在、岡山市で住宅3棟、倉敷市で住宅と店舗あわせて2棟、瀬戸内市で住宅1棟の合わせて6棟が床上まで水につかったほか、岡山市で住宅38棟、倉敷市で住宅30棟、瀬戸内市で住宅6棟、備前市で住宅2棟、早島町で店舗1棟、美咲町で住宅1棟の合わせて78棟が床下浸水しました。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す