中国で産業用ロボ販売7割増 川崎重工、中小型で増産 – 日本経済新聞



 【蘇州=林英樹】川崎重工業は中国で産業用ロボットの生産を拡大する。中小型ロボットの組み立てラインを相次いで新設し、2017年度の販売台数を16年度比7割増の約8千台に引き上げる。中国では人件費上昇や人手不足からロボットの採用業種が広がっており、川崎重工は単価が低い中小型を重点展開し、新規需要を取り込む。

 川崎重工の中国現地法人、川崎精密機械(蘇州)は9月までに、重さ10~80キロの製品を運べる4…




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す