日本人選手の台頭に危機感? 中国卓球スーパーリーグから外国人排除の理由=中国 – エキサイトニュース



 近年の卓球界では日本人選手の活躍が際立っている。中国で練習したり、中国人選手と対戦したりすることで、日本卓球界は飛躍的に力を付けてきた。今では中国の卓球界における地位を脅かすほどの日本人選手も現れており、こうした現状に卓球王国・中国も危機感を抱いているようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国は無駄なお金を使って日本人選手を育てることをやめると伝え、日本の卓球界の「夢は妄想へと変わる」と主張する記事を掲載した。

 記事はまず、近年の中国卓球界が「大きな壁」にぶつかっているのは、日本人選手の台頭が大きな影響を及ぼしているためだと主張。これまで日本が中国卓球界の脅威になることはなかったとしながらも、2017年4月に開催された卓球のアジア大会で、中国の主力選手が日本の平野美宇選手に破れたことは中国卓球界に大きな衝撃を与えたと紹介した。

 記事は「2017年は中国卓球界の転換点となる1年になる」と主張し、すでに中国は劉国梁監督を解任するなど、コーチ陣の刷新を進めているとした。また、日本卓球協会が中国側から「外国人選手は中国卓球スーパーリーグに参加できない」との通知を受け取ったことを紹介し、これは、日本のトップ選手が中国の高いレベルで練習する機会を失ったことを意味すると指摘した。

 続けて、これまでは多くの日本人選手が中国のクラブで練習し、中国スーパーリーグに参戦していたが、これは「中国がお金を使って外国の選手を育てていたことを意味する」ことで、多くの中国人にとって理解できないことだったと主張。そして、中国卓球界の決定を支持すると主張したうえで、日本の卓球界の「中国を破るという夢は妄想へと変わる」はずだと論じた。

 「中国卓球スーパーリーグに参加できない」のは日本人だけでなく、外国人選手すべてが対象のようだが、中国卓球界は日本人選手の成長に危機感を抱いていたのは間違いないだろう。それだけ日本人選手の活躍が際立っていたということだ。こうした逆境をものともせず、さらなる活躍を期待したいところだ。(編集担当:村山健二)(イメーシ?写真提供:(C)stefanholm/123RF)

【関連記事】
日本にもキケンな場所はある!「治安の悪い都道府県」ワースト5=中国
日本旅行は子連れがおススメ!「日本は親子が共に成長できる国」=中国報道
女子トークの話題は日中共通! 中国の女の子が「日本のコスメ」を好む理由=中国報道
人件費の問題じゃない! 床暖房の設置を見ただけでわかる「日本人の真面目さ」=中国報道
冷たい牛乳? 日本で出産した中国人女性が直面した「産後ケア」に対する戸惑い=中国報道




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です