中国との境界付近へ迅速に部隊展開 インドが道路整備の方針 – NHK



中国軍とインド軍が国境付近で2か月以上にわたってにらみ合いを続けた事態を受けて、インド軍の全国司令官会議が開催され、国境が画定していない中国との境界付近に部隊を速やかに展開するため、周辺の道路の整備を急ぐ方針が確認されました。

中国とインドの国境付近では、中国が進めた道路建設をきっかけに、ことし6月から2か月以上にわたって双方の軍がにらみ合いを続けたほか、中国軍の部隊やヘリコプターがたびたび越境するなど緊張が続いています。

こうした中、インド軍は今月9日から首都ニューデリーで全国司令官会議を開催し、13日に声明を発表しました。この中でインド軍は「あらゆる不測の事態にいつでも対応する準備を怠ってはならず、兵器と兵力を必要な場所にすぐに配置できることが重要だ」などとして、中国との国境付近のインフラを整備する方針を明らかにしました。

具体的には両国の間で国境が画定していない4か所の境界につながる道路を重点的に整備し、2020年までに完成させるとしています。

インドでは中国側に比べ、インフラ整備が遅れていて、軍事的な緊張が高まった際も、部隊が迅速に展開できないおそれがあると指摘されていました。

インド軍としては対立が続くパキスタン側との国境付近に加え、中国との境界付近にも速やかに部隊を展開できるよう態勢を整えていくものと見られます。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す