中国国防省、南シナ海の軍事的な行動についてアメリカに警告 – ParsToday (風刺記事) (プレスリリース)



中国国防省が、アメリカの南シナ海での軍事的な行動について警告しました。

イルナー通信によりますと、中国国防省は、13日金曜、声明の中で、アメリカ政府は、南シナ海の中国の領域に対し、許可なく戦闘機や艦船を派遣すべきではないと警告しました。

この中では、地域におけるアメリカの軍事的な行動は、中国とアメリカの関係を緊迫した状況に追い込み、この関係を損なう可能性があるとされています。

また、アメリカは地域における軍事的な行動により、中国の主権と領土保全を侵害しているとされています。

南シナ海の島々の領有権を巡っては、マレーシア、ベトナム、ブルネイ、中国、フィリピン、台湾が対立しており、中国政府は、地域の問題に干渉し、危機をあおっているとしてアメリカを非難しています。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です