潜水艦、中国国旗を掲揚 尖閣周辺の接続水域に潜没航行 – 朝日新聞



 防衛省は12日夜、11日午前に沖縄県・尖閣諸島沖の日本の接続水域で潜没航行した潜水艦が中国潜水艦だと確認したと発表した。潜水艦は12日午後に尖閣諸島北西の東シナ海の公海上で浮上し、中国国旗を掲げたという。

 小野寺五典防衛相は中国に対し「緊張を一方的に高める行為であり、深刻に懸念している」と強調した。

 防衛省によると、10日に発見してから追跡を続けていた海上自衛隊の護衛艦が確認した。潜水艦は潜航中も浮上後も護衛艦からの問いかけに返答せず、公海上に出たという。中国の領海に向かったとみられる。

 中国潜水艦による尖閣諸島沖接続水域の潜航を確認したのは初めて。外務省の杉山晋輔事務次官は、中国の程永華(チョンヨンホワ)駐日大使に電話で厳重抗議した。

 防衛省幹部は、浮上し国旗を掲げた理由について「東シナ海は水深が浅く、潜航したままだと座礁する恐れがあるため浮上する必要があった」と指摘する。近く訪中し王毅(ワンイー)外相と会談する予定の河野太郎外相は、中国側に関係改善に水を差す行為を控えるよう求める方針。政府としては対中関係を前に進めつつ、安全保障上の問題では厳しく対応する考えだ。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す