中国、トランプ氏をけん制 イラン核合意見直し要求で – 産経ニュース



 中国の王毅外相は13日、トランプ米大統領がイランと欧米など6カ国が結んだイラン核合意の見直しを求める声明を出したことを受けてイランのザリフ外相と電話会談、合意を順守する重要性を確認し、米側の合意破棄の動きをけん制した。中国外務省が発表した。

 王氏は「合意を履行することが関係国の責任であり、国際社会の共通の望みだ」と強調。中国が合意維持を米国など各国に働き掛けていく考えを示した。

 中国外務省の陸慷報道局長も談話を発表し、米政府がイランの反政府デモ弾圧などを理由に同国に対し追加制裁を科したことを批判した。(共同)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す