北朝鮮のミサイル攻撃計画に誤算。アメリカ人はグアムを知らない=高梨彰 – まぐまぐニュース!




北朝鮮がグアム近海へのミサイル発射を検討中とのニュースは、米メディアでも大きく取り上げられました。しかし、当のアメリカ人はあまり危機感がありません。(『高梨彰『しん・古今東西』高梨彰)

※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2017年8月10日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:高梨彰(たかなし あきら)
日本証券アナリスト協会検定会員。埼玉県立浦和高校・慶応義塾大学経済学部卒業。証券・銀行にて、米国債をはじめ債券・為替トレーディングに従事。投資顧問会社では、ファンドマネージャーとして外債を中心に年金・投信運用を担当。現在は大手銀行グループにて、チーフストラテジスト、ALMにおける経済・金融市場見通し並びに運用戦略立案を担当。講演・セミナー講師多数。

まさかの「どこそれ」状態。北朝鮮の脅しは空回りに終わるか?

北朝鮮、グアム近海へのミサイル発射を検討

北朝鮮がグアム近海へのミサイル発射を検討中とやらで、気にするなと言われても気になるところです。米メディアでも取り上げ方が大きくなってきています。

ただ、日本で懸念されているほどの危機感があるのかと考えると、いまだそうでもないという気がします。

理由はただ1つ、アメリカ人は「グアムなんて知らない」からです。

【関連】衰退国家の日本で最後に生き残るのは「一握りの投資家」だけと知れ=鈴木傾城

私の友人にマイク・キャスナーという金融業界の人がいまして、BloombergCNBCなどでもコメントするような「知識人」と呼べる人格者です。

そんなマイクおじさんに、私がかつてグアム・サイパンに旅行した話をすると、「それどこ?」と聞いてきました。観光地であることや米軍基地の話もしましたが「ふぅん」と。同じオフィスのアシスタントがコピーを取るときの後ろ姿の話とは対照的な返答だったことを覚えています。

しかも彼の奥さんはアジア系、アジア方面への関心があっても良さそうなものです。そんなマイクでも知らないのですから、他のアメリカ人が知るはずもありません

それでも米株も含め世界の株価は下落しました。多分、北朝鮮は株価調整の口実なのかと。良いとこ取りが進み変動率が下がる中で、一旦の調整を少なからず見込んでいたはずです。

Next: 何となく来そうな調整が入った。いつどこで下げ止まる?




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す