米韓合同軍事演習は21日から 北朝鮮が反発か – NHK



アメリカ国防総省はアメリカ軍と韓国軍が定例の合同軍事演習を今月21日から実施するため準備を進めていることを明らかにし、北朝鮮の反発が予想されます。

アメリカ国防総省の当局者は11日、アメリカ軍と韓国軍が定例の合同軍事演習「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」を今月21日から実施するため準備を進めていることを明らかにしました。

米韓両軍は、北朝鮮との有事の際の部隊の指揮や統制の能力などを向上させるため毎年、この時期にこの演習を実施していて、コンピューターシミュレーションを利用した机上演習が中心です。

国防総省によりますと、ことしの演習期間は21日から31日までの11日間で、アメリカ側からは1万7500人が参加する予定だということです。

北朝鮮は例年、この演習に強く反発していて、去年は演習期間中にSLBM=潜水艦発射弾道ミサイルを発射しています。

この演習を前に北朝鮮は、グアム島周辺に向けた弾道ミサイルの発射計画を今月中旬までに完成させるとしていて、今後さらなる反発も予想されます。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です