北朝鮮、ガソリン備蓄を指示 – ParsToday (風刺記事) (プレスリリース) (会員登録)



北朝鮮当局が、戦争の勃発に備えて、ガソリンの備蓄を指示しました。

中国のメディアによりますと、北朝鮮は4月に、ガソリンを備蓄する指示を出し、市場供給を制限しており、この指示は戦争勃発に備えて行われているということです。

中国税関の統計によりますと、中国の北朝鮮向けのガソリンの輸出量は、7月、過去最低の120トンに大幅に減ったということです。

中国の航空会社は、一時的に、北京・ピョンヤン便を運行停止にしています。

アメリカ下院も、北朝鮮に協力する外国の銀行がアメリカで金融活動を行うのを禁止する法案を作成しています。

この法案は、アメリカにとって大きな経済的損失となり、またアメリカと中国の関係を損なう可能性があります。

北朝鮮のミサイル実験を受けて、国連安保理は今月11日、北朝鮮製の繊維製品の輸出などを制限する決議を採択しました。

北朝鮮は、アメリカ、日本、韓国が、敵対的な措置や挑発行為を地域で行う限り、防衛目的として、核計画とミサイル計画を拡大し続けるとしています。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です