ロシアの選挙介入、遠い真相 FBI捜査、トランプ陣営関与焦点(朝日新聞デジタル)



 米連邦捜査局(FBI)のコミー長官が20日、米議会下院公聴会で、昨年の大統領選にロシアがサイバー攻撃で介入した問題について、ロシア政府とトランプ氏陣営との関係を捜査していることを明らかにした。焦点はトランプ陣営の認識や関与だが、トランプ大統領は「でっち上げ」と捜査自体を批判しており、真相究明は見通せていない。

 ■政権、徹底抗戦の構え
 コミー氏は公聴会で「トランプ陣営の個人とロシア政府との関係や、協力したかどうかを捜査している」と証言した。捜査機関が捜査中の案件に言及するのは極めて異例だ。同氏は「世論の関心が高く、通常ではない現状」であることを言及の理由にあげた。……本文:2,531文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です