(全人代2017)習体制、成果アピールの裏で 5日開幕(朝日新聞デジタル)



 中国の国会にあたる全国人民代表大会(全人代)が5日、北京で開幕する。今年は共産党の最高指導部が入れ替わる5年に1度の党大会が秋に控えており、習近平(シーチンピン)指導部は政権の成果をアピールしようと必死だ。だが、経済の先行きは不透明感が強く、途方もない格差や社会の矛盾に苦しむ国民の不満は根深い。

 ■格差の固定化 北京の貧困街、暖房ない生活
 旧正月(春節)を前にした1月下旬、習国家主席は河北省張家口市郊外の貧しい農村を訪ねた。「新年を前に一番気がかりなのは、生活が困難な人たちのことです」。そう語っていた習氏は農民の暮らしぶりに触れ、気遣ってみせた。……本文:6,059文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です