「慰安婦」謝罪碑書き換えで起訴された奥氏、出国禁止80日超に 韓国検察(夕刊フジ)



 「朝鮮半島で女性を強制連行した」というデマをまき散らした吉田清治氏(故人)の謝罪碑を書き換えたとして、韓国検察は14日、元自衛官の奥茂治氏(69)を公用物損傷と建造物侵入の罪で在宅起訴した。奥被告は否認している。

 奥被告は今年3月、「父の嘘の証言が日韓友好を妨げている」という吉田氏の長男から依頼を受け、韓国・天安(チョナン)市の国立墓地に建つ碑の上に別の石板を貼りつけ、「強制連行」の謝罪文を「慰霊碑」という文言に書き換えた。

 韓国警察は6月24日、出頭要請に応じて再び韓国を訪れた奥被告を拘束。直後に拘束は解かれたものの、警察や検察が計5回取り調べを行い、出国禁止措置は80日以上に及んでいる。

 奥被告は、碑の所有権は相続した吉田氏の長男にあり「公用物損傷には当たらない」と無罪を主張。フェイスブックに「これで慰安婦問題と強制徴用が韓国の裁判所で公式に判断されることになります」と書き込み、吉田氏の偽証や朝日新聞の大誤報などを、法廷で説明する構えを見せている。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す