韓江の「ギリシャ語の時間」など韓国小説6作品 日本で出版へ(聯合ニュース)



【ソウル聯合ニュース】英文学賞のブッカー国際賞を韓国人で初受賞した女性作家、韓江(ハン・ガン)氏の長編小説「ギリシャ語の時間」が日本の晶文社から翻訳出版された。

 同作は晶文社の新シリーズ「韓国文学のオクリモノ」の第1弾として11日に発売された。

 第2弾はパク・ミンギュ氏の「三美スーパースターズ、最後のファンクラブ」で、来月出版される。来月17日に東京、同19日に京都でパク氏のトークイベントも開かれる。

 同シリーズでは、ファン・ジョンウン氏、キム・グムヒ氏、チョン・ミョングァン氏らの作品を含む合計6作品が紹介される予定。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です