<北朝鮮写真報告>人民軍の規律荒廃に金正恩氏が「無法天地」と激怒 脱走・強盗・韓流ドラマ視聴まで 機密文書漏えい(アジアプレス・ネットワーク)



朝鮮人民軍の内部文書が続々漏えいし、その荒廃、軍規の揺らぎ、装備の劣化の実態が露わになっている。

【関連写真を見る】哀れな女性兵士たちの素顔 (2) 母親が心配する軍内のセクハラと栄養失調(写真4枚)

2月24日付けの東京新聞は、三面を使って入手した内部文書1300点について詳細に報じた。文書は2010年から2013年にかけて、第3軍団の235部隊で作成されたものだという。いくつか記事中から紹介しよう。

「空腹に耐えかねた兵士が民家で食料を要求、断られ住民を銃剣で刺殺した」

「砲兵連隊中隊長は13年5月、具合が悪いので病院に行くと言って帰宅。妻と一緒に商売をしていた」

「韓国映画やアダルト動画など『不純録画・録音物』約2700個を押収」

文書の中には、将校向けに記された金正恩氏の次のような指摘もあったという。
「軍で起きている事故は極限に達している。人民軍部隊は無法天地であり無風地帯だ」

同様の軍内部文書は、韓国KBS、NHKも入手して報じている。NHKは昨年6月5日にスペシャル番組を制作した。

報道に共通しているのは、
・軍内の食料不足で兵士による強盗や殺人などの犯罪行為が多発。
・装備の劣化・陳腐化、兵員の不足など弱体化。
・脱営の多発、韓国ドラマを隠れて見るなど、規律、綱紀の緩み。

金正恩政権が続ける核・ミサイル開発は、日韓中の周辺三か国にとって大変な脅威であることは間違いない。だが一方で、兵力100万ともいわれる人民軍は、弱体化が一層進んでいるのが実態である。(石丸次郎)

←エンコした木炭車を修理する兵士たち。木炭車は相当数が現在も軍の輸送車両として使われている。2008年9月平壌市郊外にて撮影チャン・ジョンギル(アジアプレス)

←迷彩服姿は清津市内にある特殊部隊員だという。たかりや乱暴など住民に対する横暴がひどく悪名高かったという。真中のボロまとったのはホームレスの女性。2004年4月撮影リ・ジュン(アジアプレス)

【関連記事】


こちらもおすすめ


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です