(朝鮮日報日本語版) THAAD:韓国免税店売り上げ過去最高、中国の行商人が買いだめ(朝鮮日報日本語版)



 韓国免税店協会は22日、2月の全国の免税店売上高が過去最高の11億4025万ドル(約1269億円)に達したことを明らかにした。韓国への終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐる中国の報復措置が本格化することを懸念した中国の行商人が免税店で「買いだめ」に走ったことが理由とみられている。

 2月の免税店売上高は1月(9億6910万ドル)を18%も上回った。韓国人に対する売上高は前月比1%減の2億5771万ドルだったが、外国人に対する売上高が25%増の8億8254万ドルを記録した。

 行商人は中国現地で人気が高い韓国の化粧品、雑貨などを韓国の免税店で購入し、中国で転売してきた。先月は中国の行商人が免税店の開店前の午前7時から店の前に長蛇の列をつくり、一部免税店は開店を15-30分繰り上げた。一方、中国税関は今月初め、行商人がフェリーで持ち込む韓国製品を通関させない方針を公式に示している。免税店関係者は「3月に入り、免税店の開店前に並ぶ中国人は見られなくなった。2月の好況の反動で3月は業績不振による業者への衝撃が増しそうだ」と語った。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です