セウォル号水面13メートル引き揚げ午前中に完了…最終段階の作業に突入(WoW!Korea)



韓国海洋水産部は24日午前6時45分、船尾のランプウェイ除去作業を完了し、24日午前10時基準、水面上13メートル船体引き揚げ作業をと共にバージ船へのセウォル号船体固定作業と緩衝材の空気注入が最終段階の作業中だと明らかにした。

 海洋水産部は、気象の影響を最も多く受ける作業である水面上13メートル引き揚げから半潜水式の運搬船に固定する工程が今日までに完了すれば、残りの引き揚げ工程を続けることができ、今日の深夜まで作業に総力を傾けるという立場だ。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す