韓国軍 「北韓、数時間内に核実験可能」 – KBS WORLD Radio News



韓国軍 「北韓、数時間内に核実験可能」

韓国軍の関係者は24日、北韓が数日以内に6回目の核実験を行う可能性があるとするアメリカのメディアの報道について、「金正恩(キム・ジョンウン)氏の命令が下されれば、数時間内に核実験を行える状況」と述べました。

韓米合同で核関連施設を監視しているということです。

韓米の軍当局は、北韓が北東部の咸鏡北道(ハムギョンブクド)・豊渓里(プンゲリ)にある核実験場の2番と3番坑道で、いつでも核実験が可能な状態だと分析しています。

合同参謀本部の関係者も24日、国防部の定例会見で、北韓について、「最高指導部が決心さえすれば、いつでも核実験が行える状況」と述べました。

2006年に行われた北韓の1回目の核実験は、1番坑道で、2009年の2回目と2013年の3回目、それに2016年の4回目の核実験は2番坑道で行われています。

去年9月に行われた5回目の核実験は、4回目の核実験が行われた場所から400~500メートル離れた場所で行われました。

これに先立って、アメリカのフォックスニュースは23日、複数のアメリカ政府当局者の話として、北韓が数日内に6回目の核実験に踏み切る可能性があると報じました。

北韓北東部・豊渓里の核実験場付近で、新しい坑道の掘削が完了し、準備は最終段階とみられ、核実験は早ければ今月末にも行われる可能性があるということです。

実験に備えて、大気中の放射性物質を採取できるアメリカ軍の偵察機「WC135」が日本に到着し、近く韓半島付近に派遣されるということです。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す