公道走行可能なレンタルカート、交番に衝突 – レスポンス



5日午後2時50分ごろ、東京都港区内の都道を走行していた公道走行可能なカートが路外に逸脱。歩道に乗り上げ、交番の外壁に衝突する事故が起きた。警察は運転していた外国人観光客の女性から事情を聞いている。警視庁・愛宕署によると、現場は港区芝公園3丁目付近で片側2車線の緩やかなカーブ。丁字路交差点には信号機が設置されている。公道走行可能なカートは集団走行していたが、交差点を左折しようとした際にこのうち1台が路外に逸脱。曲がりきれずに前方の歩道へ乗り上げるとともに、歩道に隣接する同署・東京タワー前交番の外壁に衝突した。

この事故で交番の外壁が小破したが、人的な被害は無かった。警察は運転していた韓国籍を持つ観光客の20歳代女性と、カートのレンタル業者から事情を聞いている。

カートはミニカー扱いで登録されたもので、公道走行が可能となっている。現場付近は「東京タワーを見ることができるコース」としてレンタル業者がルート指定しており、外国人観光客には人気だった。警察ではハンドル操作を誤ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です