韓国株28日、3日ぶり小反発 資金流入期待で ネイバーは安い – 日本経済新聞



【NQN香港=林千夏】28日の韓国株式市場で総合株価指数(KOSPI)は3営業日ぶりに小反発した。終値は前日比7.65ポイント(0.35%)高の2163.31だった。韓国ウォンの対米ドルでの上昇と米長期金利の低下基調を背景に、韓国株式市場に資金が流入する期待が高まった。主力のハイテク株を中心に買いが入り相場を支えた。

 サムスン電子が5営業日ぶりに反発した。バッテリーメーカーのサムスンSDIや化学の…




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す