韓国の美容業界、ベトナムでのフランチャイズ展開に関心 – 日刊ベトナムニュース



 ここ数年、韓国のフランチャイズ(FC)ビジネスがベトナムで広がりを見せている。特に飲食と美容分野で顕著だという。ベトナム人の消費傾向からベトナム・韓国自由貿易協定(VKFTA)による政策まで、フランチャイズの発展に有利な条件が整いつつある。


 韓国の美容ブランド「ビューピープル(Beaupeople)」の代表であるチョー氏は「韓国の美容業界にとってベトナムは最も将来性のある市場だ。平均所得の増加と、都市部に住む女性や若者が多いこともあって、美容需要が急速に増加している。非公式の統計だが、増加率は約+30%に達している」と話した。


 チョー氏によると、ベトナムの美容市場では外国のフランチャイズブランドはまだ多くなく、発展の余地が非常に大きいため、ビューティーサロンなどのフランチャイズ展開のパートナーを探しているという。


 在ホーチミン韓国総領事館の商務責任者によると、VKFTAでベトナムは韓国に対し化粧品7品目を含む265品目の輸入税を撤廃した。同氏は、「韓国企業がチャンスを生かしてベトナムでフランチャイズを発展させることを期待している」と語った。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です