<北朝鮮>ミサイル1発発射 韓国軍、失敗とみて分析 – エキサイトニュース



 【ソウル米村耕一】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は22日朝、東部・元山(ウォンサン)周辺からミサイル1発を発射した。韓国軍は発射は失敗だったとみており、失敗の原因やミサイルの種類などについて分析している。 北朝鮮は今月6日にも北西部の東倉里(トンチャンリ)付近から日本海に向けてスカッドER(射程1000キロ)と見られるミサイル4発を発射した。韓国では米韓合同軍事演習を実施しており、演習に対する対抗措置である可能性もある。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です