大陸間弾道ミサイル(ICBM)「可能性低い」 韓国軍 – 産経ニュース




 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮は6日午前7時34分(日本時間同)ごろ、北朝鮮北西部、平安北道(ピョンアンプクト)東倉里(トンチャンリ)付近から日本海に向け、弾道ミサイル4発を発射した。安倍晋三首相は同日の参院予算委員会で、このうち3発が日本の排他的経済水域(EEZ)に落下したと明らかにし、「北朝鮮に対し、厳重に抗議を行うとともに強く批判した」と述べた。航空機や船舶への影響は確認されていない。

 防衛省は、発射されたミサイルがそれぞれ約千キロ飛行し、秋田県男鹿半島から西に約300~350キロの日本海上に落下したと発表した。

 韓国軍合同参謀本部によると、ミサイルの最高高度は約260キロに達した。韓国軍はミサイルの種類について分析を急いでいるが、合同参謀本部は、北朝鮮が米本土を狙って開発中の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の「可能性は低い」との見方を示した。

 ミサイル発射には、軍備増強を公約したトランプ米政権に加え、マレーシアでの金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件で北朝鮮非難を強める国際世論をけん制する狙いがありそうだ。

続きを読む




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す