森友学園に指導求める要請書 在日コリアンらの市民団体 – 朝日新聞



 大阪府豊中市の国有地を小学校用地として取得した学校法人「森友学園」(大阪市)が大阪市内で運営する幼稚園のホームページで差別的な表現があったとして、在日コリアンらでつくる市民団体「ヘイトスピーチを許さない! 大阪の会」などは2日、向井正博・府教育長らあてに、謝罪と再発防止を学園に指導するよう求める要請書を提出した。謝罪などの措置がとられない場合、4月開校予定の小学校の設置を認可しないことも求めた。

 同学園が運営する幼稚園のホームページには、「投稿者は、巧妙に潜り込んだ韓国・中華人民共和国人等の元不良保護者であることがわかりました」と掲載され、後に謝罪する文言が載った。

 同会の要請書は「明らかな差別文書」と指摘。大阪市のヘイトスピーチの抑止条例にも違反するとし、宋貞智代表は「怒りを超えて恐怖を感じる」と話した。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です