「日本軍が慰安所を直接運営」…未公開の米文書4件発掘(ハンギョレ新聞)



国史編纂委員会が米国立文書庫で発掘 日本軍の陳述などで「軍が慰安所直接運営」 「インドネシア地域7カ所の慰安所に女性150人あまり」

 旧日本軍が戦地で「慰安婦」と慰安所の運営に直接介入したという事実を語る史料が新たに出てきた。

 11日、韓国の国史編纂委員会は「日本軍『慰安婦』・戦争犯罪関連史料収集・編纂事業」を通じて米国立文書記録管理庁(NARA)で発掘した史料4件を公開した。

 1番目の史料は、第2次大戦当時に米軍が作成した「東南アジア翻訳尋問センター心理戦時報第182号」(1945年7月6日発刊)で、「軍(日本軍)は占領後直ちに許可された公用慰安所を設立したが、強姦は頻繁に発生し続けた」(16ページ)、「一部(日本)軍人が村の少女を強姦した」(18ページ)という内容が出てくる。この史料は過去に日本の「女性のためのアジア平和国民基金」が出した「慰安婦」資料集にもその一部の4ページ分が収録されたが、今回国史編纂委員会は脱落した42ページを新たに捜し出した。

 2番目は「連合軍翻訳通訳部」(ATIS)の日本軍捕虜尋問報告書3件だ。パプアニューギニア地域で逮捕された日本軍(第91番報告書)は「慰安所が軍の管理(army supervision)下にある」とし、インドネシアのマラン地域で逮捕された日本軍(第470番報告書)は「軍の司法管轄(jurisdiction)下に7カ所の慰安所が設立され、朝鮮人、日本人、インドネシア人など合計150人余りの女性がいた」と述べた。フィリピン地域の日本軍捕虜(第652番報告書)も「日本軍の軍医官が性病予防のために女性たちを毎週検診した」と述べた。

 国家編纂委員会は「日本軍が『慰安婦』と慰安所の運営に介入した事実と各地の慰安所の規模と状況を教える。日本政府の法的責任と公式謝罪を要求する根拠になるだろう」と明らかにした。また、これまでに集めた史料を今年末から資料集として刊行すると明らかにした。

チェ・ウォンヒョン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です