大統領府「北朝鮮、米国と対話を望んでいるというのが専門家の見解」(ハンギョレ新聞)



「対話の実現に期待して状況を管理」 チョン・ウィヨン国家安保室長の主宰でNSC常任委員会を開催

 朝米の対決で朝鮮半島周辺の緊張が急速に高まるにつれ、大統領府と政府の動きも忙しくなった。大統領府は10日、国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開いて対策を協議しており、国防部と外交部も対応策作りに腐心した。

 大統領府は同日午後、チョン・ウィヨン国家安保室長の主宰で国家安全保障会議常任委員会を開き、状況の深刻性を共有すると共に、朝鮮半島での軍事的緊張の高まりや武力衝突を防ぐための様々な対策などを議論した。大統領府のパク・スヒョン報道官は「常任委は最近、北朝鮮の持続的な挑発と脅威によって朝鮮半島と周辺安保状況が非常に厳しくなったことに認識を共にし、北朝鮮に朝鮮半島の緊張を高める行為を直ちに中止することを強く要求した」としたうえで、「堅固な韓米共同防衛態勢に基づき、米国など主要国と協力のもと、朝鮮半島における緊張の解消と平和の管理に向けて必要なあらゆる措置を講じることにした」と明らかにした。パク報道官は「朝鮮半島問題の核心当事者である韓国政府が対話の扉を開いて、現在の緊張状況の緩和及び根本的解消に向けた外交的努力も積極的に展開することにした」と述べた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、常任委に先立って開かれた首席・補佐官会議で「常任委で必要なあらゆる措置を講じるよう」指示した。

 大統領府は「必要なあらゆる措置」が何かについては説明しなかった。ただ、大統領府関係者は「北朝鮮が望んでいるのは結局、米国との対話というのが専門家の一致した見解」だとしたうえで、「状況が厳しくなるほど米国と北朝鮮が対話のテーブルにつくという期待を持って、状況を管理している」と話した。

 軍当局は、北朝鮮がグアム周辺包囲射撃などの挑発をすれば、強力かつ断固として報復すると明らかにした。合同参謀本部は立場資料を発表し、「北朝鮮による『ソウルを火の海に』など私たちに対する妄言と『先制的報復作戦』や『グアム周辺包囲射撃』などの同盟に対する妄言は、韓国国民と韓米同盟に対する深刻な挑戦」だとして、このように明らかにした。

 外交部も、北朝鮮が威嚇を強めていることについて、即刻中断することを求めた。外交部のチョ・ジュンヒョク報道官は「最近、度が過ぎる北朝鮮の脅威的発言は、ASEAN地域フォーラム(ARF)の声明に盛り込まれた国際社会の総意に正面から反するものであり、直ちに中断すべきだ」と述べた。チョ報道官は「北朝鮮は今でも正しい選択をして非核化の道に進まなければならない」と促した。

キム・ボヒョプ記者、パク・ビョンス先任記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す