人気ブランド品 偽物販売の疑い – テレビ東京



中国から仕入れた人気スポーツブランドの偽スニーカーなどを複数の通販サイトで販売したとして警視庁は、韓国籍で衣料品販売会社社長の南相勲容疑者ら2人を商標法違反の疑いで逮捕しました。
2人は、精巧に作られた偽ブランド品を正規に近い価格で販売し、およそ4,600万円売り上げたとみられています。
南容疑者は調べに対し「本物だと思って仕入れた」と容疑を否認しているということです。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です