朴槿恵前大統領の勾留延長かどうか、きょう決定…大統領府は公式立場なく注視(WoW!Korea)



韓国青瓦台(大統領府)は朴槿恵(パク・クネ)前大統領に対する勾留延長発布の可否が13日午後遅くに決定する予定の中、公式立場なくその結果を見守るという立場だ。

 青瓦台の高位関係者はこの日、電話取材で朴前大統領の勾留延長の可否と関係なく立場を表明する計画はないと明らかにした。

 同高位関係者は「どうなるかもわからないのにどんな立場を出すのか」とし「(勾留が)延長されるされないが問題ではなく、他の仕事も多い。民政問題への取り組みも忙しい」と述べた。

 朴前大統領の裁判が予定通りに終われば、裁判部はこの日午後遅くに拘束令状発布の可否を明らかにする見通しだ。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す