韓国、アジア競争力3位…2014年以来変化なし(中央日報日本語版)



中国海南省で開かれた博鰲(ボアオ)フォーラムが発表したアジア競争力ランキングで韓国が3位を記録した。

24日、香港メディアの鳳凰網によれば、前日のボアオ・アジア・フォーラム事務局が2017年次総会の開幕記者会見でアジア地域37カ国の総合競争力を評価した結果、1位はシンガポールであり、続いて香港、韓国、台湾、オーストラリア、ニュージーランド、イスラエル、日本、中国、カタールの順だった。韓国は2011年の調査で1位に上ったが、2013年に2位に押されてから、2014年以降はずっと3位を維持している。

毎年ボアオ・アジア・フォーラムで発表する国家競争力ランキングはアジア、オセアニア、中東の37カ国を対象に経済成長率や失業率、行政効率性、貿易、国家財政、教育などに基づいてランキングを付けている。

【関連記事】


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です